松本市・安曇野市で新築住宅を自由設計する設計事務所・工務店。高気密・高断熱・高耐震で災害に強い住宅を設計から施工まで提供しているロイヤルハウスの松本の窓口松本カーサ設計室

​松本カーサ設計室 標準の仕様

​松本カーサ設計室ではお施主様のご家族の心や身体を守り大切に育てていくステージとして全棟構造計算を実施・APS構法の構造金物の施工・耐風水密性の高いサッシの採用により災害に強い構造を実現しています。また、高気密・高断熱の設計・施工により質の高い住空間のプランニングを可能にしています。また、ロイヤルハウスと提携することで補償も充実した住宅の建設施工を提供しております。

​基礎工事

建物の剛性を上げたらその揺れを受け止める基礎はより強固なものにしなければなりません。しっかりと鉄筋を組み建物の揺れを受け止めます。湿気や防蟻にもしっかり対応しております。全棟、地盤調査・基礎の構造計算を行い耐震等級3を取得しています。

​構造計算

子供たちと笑顔いっぱいで過ごす開放的なリビング。

その空間は安全でなくてはなりません。本来大空間の演出をするためには構造の知識が必要です。松本カーサ設計室では最初のプランニングから構造を考え許容応力度計算による安全性を確かめ、耐震等級3・耐風等級2(どちらも国の基準の最高等級)を実現しています。また、基礎においても構造計算を行い災害に強い建物を提供しております。それにより非常に強いSSS構法を更に強い建物にしています。

構造体

プレカット
全国から厳選された指定工場で厳しい基準をクリアーした構造材のみを精密に加工し出荷しております。剛性が非常に高く、ねじれや曲がりがきわめて少ない集成材を使用しております。
ロイヤルSSS構法は数多くの工法の中から私が自信を持って選んだ工法です。
国土交通省の合理化認定を受けた強靭な構造体が災害から命を守るだけではなく生活を守る家を実現できると考えております。

高気密・高断熱

子供のコミュニケーション力を育くむリビング階段や開放的な広い空間を作るためには自由な間取りができる強い構造と高い断熱性能が欠かせません。高断熱の家は体にもやさしく光熱費も抑えられます。また、東北や北海道といった寒冷地で使用されている断熱材を標準で採用しており、防音や火災に対しても、とても有効です。家は断熱性能が高いことは勿論、他の要素もとても重要です。

ロゴマーク.jpg